自転車置き場については無関心

不動産会社はそれで済むかもしれないが、購入者はその発言を鵜呑みにしたために将来、家族を殺されたのではたまったものではない。駐車場のチェック漏れは、まさにただ事では済まされないのである。駐車場に関心はあっても、自転車置き場については無関心という購入者がほとんどだ。駐車可能台数は気にするのに、自転車になるととめられる総台数さえまったく知らぬままに購入してしまう。その結果、入居してすぐに嫌な思いをしているという話が多いのである。

  • Search